FC2ブログ

自転車散歩生活

小豆島 後半戦 そして28の瞳

Posted by uosai on   0  0

それでは
小豆島 メインディッシュの寒霞渓を登らせて頂きます。



そんな18%の傾斜とか行けるの~???
ハラハラ  ドキドキ けどなぜか ワクワク


・・・・・・・・あれ?????
そうそう!!
私はいっつもあかんたれの所しか皆さんに見せてないので

この寒霞渓だけは!!
マウンテンバイカーの名にかけて
(MTBしている人は傾斜に強いのですよ)
絶対に足はつかないで
登りきろう!っと心に決めていたので
マジに真剣になっちゃって
写真がにないのでございます!


ギリギリ、乗っていけそうな坂なんですが
パワーあるメンバーは蛇行せず登って行ってましたが
得意のスーパー蛇行登りで
人の1,5倍は距離をとっていき、、

な、、なんと、、、

坂を登っている間の時速は、、、、、

最高が3,6kmで、、、


最低が1.8kmと


絶対に歩いた方が速い!タイム!
笑えました、、。


そして、皆、、無事に登ったのです。


一番、右の水色が私なんですが
18%の傾斜の副作用でばーさんみたいに写ってます。
腰が痛かったのだよ~。胃下垂になるし。

皆さんの感想は

「この道を作る人、自転車走ること想定して作ってないと思います」
「メイタンが走り終わってから効きだしたから皆向かえに行ってきます」
「初めて自分の心臓の音が聞こえた」
「急激にお腹が減ってきた」
「両足つった」
「最初だけだよ~」
「ボトルの水の残量が不安に感じた!」


体力で感想は違うけれど、、、、、、、

皆さん、めちゃくちゃいい顔してるんです!!


そして寒霞渓


寒霞渓のトイレは総工費1億円ということだけあって
ローディ 絶賛です。

17時の船に乗れなくない?ってことで、、
急いで岐路に、、!

スーパーロング下り
見よ!このすばらしき風景の巻き



本当にロングで
下りが好きくないKちゃん
後半ブレーキに力入らなくて
「ヤダー」っとかわい子ちゃんだったのですが

登り返しでビュインっと私を抜いて行くのです!
「え?さっきまでの恐怖のかわい子ちゃんは?」ってくらい
登りとのギャップが、、。

そして、、、、、

船に、、、、、、

間に合い、、、、、、



ませんでしたーーーーー!!

そう、、私が原因。5分遅かったのです。


ポタナビはリアルタイムでパソコンで見えるので
23もパソコン見ながら、、間に合うのか?間に合わないのか?っと
ハラハラ
(ちなみにポタナビはメールが見れます。23より応援メッセージ)

お土産屋に入っていった瞬間
間に合わなかったか~っと、、、

って行動まるわかりなポタナビです。

なもんで最終の19時のに乗ることに
フェリーに車を置いているので
運転手じゃない僕達は

ビアーTIME 寒霞渓のあとのビアーは旨すぎです。


姫路港についた時には真っ暗


1日中 小豆島で遊びました!!

今回のコースチョイスはまれにみる星3っと褒められましたの[#IMAGE|S16#]

小豆島、、、、。

姫路から100分で

本土にはない壮大な自然があり
空気も澄んでいて日本でないみたい。

サイクリストにとって

本当にスペシャルに楽しめる

誰もが笑顔になれる

まさに、日本の地中海。
フェリーの自転車が傷つく心配もないし
100分は楽しい100分です。

今までに走った自転車コースの中で
指3本には入ります。

ぜひぜひ、小豆島ツーリングに行ってくださいませ。


そして、今回 
女子&若者S君をサポートしてくれたTさん

ひよこちゃんをサポートしてくれた上級者のメンバーの皆さん

先導してくれたメンバー

女3人ビール飲んで、運転はおまかせしたSさん

頑張った女子5名(私も含んでるやん!)

行くか行かないか迷って来てくれて背中に巨大1眼レフを積んだ26歳 S君

最後の食堂でおばちゃんとの連携プレーで段どりをすべてしてくれたYちゃん彼


笑顔いっぱいで走った皆

本当に本当に楽しかったです!ありがとうっと100回言います!

心から感謝します。



LOVE GIRLS BIKE
ポッチリするとカワイイ自転車ガールのブログが見れます。
にほんブログ村 自転車ブログ 女性サイクリストへ
にほんブログ村



ウオサイセール実施中
ウオサイ セール
ウオサイ自転車は生涯点検と簡単なメンテナンスは無料です。

uosai

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://uozumicycle.blog.fc2.com/tb.php/1148-099a6e80
該当の記事は見つかりませんでした。